歩きにすと

歩くことがすき。水系スピリチュアル。会津近隣のパワースポット巡りと健康についてのブログです。

【滝】雄飛の滝。隠された絶景の滝壺を探し出せ!那須塩原の秘境スッカン沢

プチ探検家の花子です。 


先日、栃木県那須塩原市にあるスッカン沢に行ってきましたよ。ヾ (⌒▽⌒)ノワーイ。

 

今回はそこにある隠れた絶景 雄飛の滝の滝壺についてご紹介します。

美しい水色 スッカンブルー

雄飛の滝を語る前にスッカン沢を語らないと始まらない。

 

スッカン沢は通称スッカンブルーと言われる独特な色をした沢です。

写真はiPhone撮影画像加工無し。

f:id:durasuto010:20190917221550j:image

沢の水の色がこんなにきれいなんです。その美しさから、多くのカメラ愛好家や滝マニアが愛してやまない渓谷です。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

#スッカン沢

花子(登録販売者)さん(@ocanka4)がシェアした投稿 -

トルコ石ターコイズみたいな色をしているんです。本当に不思議です。

 

バスクリンみたいな色って表現されることも多い水の色だけど、なんか安っぽい感じがして…気が引けます。

 

スッカン沢の水は、もっとキラキラして気品があります。やっぱり、宝石に例えた方がイイと思うんです。

 

このスッカン沢沿いにはいくつかの滝があって、渓谷散策に訪れる人々に美しい景観を見せてくれるんです。

 

この渓谷の中でも、一番、勇壮な滝といわれているのが雄飛の滝なのです。

 スポンサーサイト:全国のレンタカー30社比較・予約!
1日2000円の最安値!スカイチケットレンタカー

スッカン沢 雄飛の滝

スッカン沢の駐車場の看板に、以下のような説明書きがあります。

雄飛の滝は… 

岩に囲まれた薄暗い場所に差す一筋の光のように見え、夕日が暮れるのも忘れるくらい美しいと言われることから名前の付いた滝です。滝の上にある展望台からゆっくり鑑賞してください。

 

【スッカン沢 雄飛の滝展望台】
スッカン沢散策の中間より過ぎたところに、 このような展望台があります。

f:id:durasuto010:20190918041906j:plain

2018年9月撮影。そこから撮影した写真がこちら…。画質が悪くて、すみません。

f:id:durasuto010:20190917220849j:image

肉眼では雄飛の滝が見えるのですが、かなり遠距離でiPhone撮影に向かない滝でした。

 

雄飛の滝は、滝壺まで行くのが困難な滝なんです。断崖絶壁に囲まれており…通常考えたら困難どころか絶対無理。滝壺撮影不可の滝なんです。

 

そのため、こんな画像になったのですが…。
しかし、しかし。


ネットで画像検索したら滝壺から撮影した写真がゾクゾクでてくるのではないですか…。
Σ((((;゜Д゜))))なぜ?なぜ?
 

実はここ、滝壺まで下りれる別ルートがあったのです。それも予想だにしていない場所から滝壺に行くルートだったんです。
(ーдー;)えっ…そこから行くの?

 

そこで2019年9月。1年越しで、雄飛の滝、滝壺リベンジ行脚を決意。

 

 それがこちら…念願の雄飛の滝、滝壺を撮影することが出来たんです。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

花子(登録販売者)さん(@ocanka4)がシェアした投稿 -

感激(≧▽≦)キャ~。

 

だから今回は雄飛の滝隠された絶景、滝壺を探す旅をアツく語ります。

スポンサーリンク:
全国の格安レンタカー予約ならskyticketレンタカー♪

スッカン沢の場所と駐車場

スッカン沢の所在地は 栃木県那須塩原市塩原。ざっくりとした場所はこちらです。

 f:id:durasuto010:20190917224201j:image

 国道400号線を入り、栃木県道56号線をウネウネと走らせるとスッカン沢の駐車場があります。

駐車場までGoogleマップのナビで行けます。『スッカン沢』と入力すると検索されます。

 

ただ紅葉時期は観光バスもきますので半端でない混雑だそうです。この駐車場に止められなくなるそうです。

 

もし駐車できない場合は…

山の駅たかはらに駐車して…片道徒歩1時間ほどかけて、スッカン沢入口まで来なくてはいけないみたい。(;一_一) チーン。

 

時期をずらすか、時間をずらすかして、スッカン沢駐車場から出発できる策を取った方がいいようです。

 スポンサーサイト:全国のレンタカー30社比較・予約!
1日2000円の最安値!スカイチケットレンタカー

雄飛の滝線歩道で滝巡り

駐車場にある案内看板。

この辺り一帯の滝のことを通称スッカン沢といいますが…。スッカン沢の渓谷散策の正式名称は雄飛の滝線歩道と呼ぶようです。

f:id:durasuto010:20190917221509j:image

雄飛橋
ここから雄飛の滝線歩道は始まります。

f:id:durasuto010:20190917221729j:image

雄飛橋をスタートして終着地のスッカン橋まで2.3kmの行程です。雄飛の滝の滝壺まではもう少しあります。

 

あくまでも今回は雄飛の滝の滝壺
ではいくよ。(^O^)/出発!

f:id:durasuto010:20190917224137j:image

はじめに現れるのが素連の滝。写真右下にうっすらと滝が写ってます。

f:id:durasuto010:20190917221748j:image

名前のように糸のような細い滝がいくつもあって、すごく幻想的な場所です。もののけ姫に出てきそうな場所と言われています。

 

次に仁三郎の滝。木が邪魔で見えない。

f:id:durasuto010:20190918050229j:plain

ここも水量あって見ごたえがある滝だよ。
仁三郎の滝の写真はこちらです。
f:id:durasuto010:20190917221130j:image

でもでも、今回は美しい滝達をよそ目に…いそいそと。本命、雄飛のの滝壺を目指して進みます。

雄飛の滝まであと0.5㎞だよ。ワクワクです。

f:id:durasuto010:20190917221655j:image

この橋を渡ると雄飛の滝が見えます。

f:id:durasuto010:20190917221528j:image

これが雄飛の滝!!。ごめんなさい。
雄大さが全く伝わらないでしょ。

f:id:durasuto010:20190917221545j:image

(;・∀・)・・・そうなんです。

雄飛の滝は通常の散策コースからの撮影では、全く雄大さをお伝え出来ないんです。

この方、撮影うまいなぁ。


いろいろ駆使しても、橋からのiPhoneの撮影はこれが限界。キレイな滝壺が見えないし、どうやっても撮影できないんです。

…無念。(´Д`;)ハァ。 

f:id:durasuto010:20190918092225j:plain

雄飛の滝展望台。
ココからだと望遠撮影。冒頭のような写真になります。

 

雄飛の滝の滝壺
「どこから撮影すればいいんだ」。
 悶々としたまま先に進むと…f:id:durasuto010:20190917221710j:plain

スッカン沢散策路の終点になるんです。

そこがスッカン沢とスッカン橋の撮影スポットにはなるのですが…。

雄飛の滝の滝壺はドコ?…(;´Д`)ウウッ…
キョロ (゚ρ゚≡゚ρ゚) キョロ ウォォォ…

滝壺どこだー!

 スポンサーリンク:
【ゆめやど】(平日が圧倒的お得な宿泊予約サイト)

雄飛の滝の滝壺までの道

スッカン沢散策ルートには橋が4つ出てきます。駐車場の案内看板より。

f:id:durasuto010:20190918080840j:plain

3つ目の橋雄飛の滝を眼下に見ながら散策できます。しかし、3つ目の橋の辺りは断崖絶壁…岩の壁で下まで降りれません

【ポイント】 

4つ目の橋の手前…。
スッカン橋の手前川原に下るルートがあります。実は、そこから雄飛の滝まで戻ってくるのです。

 

すると、雄飛の滝隠された絶景、
滝壺
にたどり着けるらしいのです。

  

雄飛の滝の展望台を過ぎてほどなくすると…。
急な下り坂が出てきます。

 

ここです。ここなんです。分岐点

スッカン橋を渡る道と雄飛の滝の滝壺までの道が分かれます。 

f:id:durasuto010:20190918092248j:plain

特に「えっ!この道?」って感じの細めの道が雄飛の滝の滝壺までのコース。ここは見落とさないよう、よく下を向いて歩いてね。

 

20歩~30歩、歩いたところに案内標識が地面に落ちてます。(置いてあります?)。

これを見つければ確実に滝壺までのルートで間違いありません。

f:id:durasuto010:20190917221706j:image

眼下にはスッカン橋。

雄飛の滝の滝壺ルートとは明らかに別ルートになります。

f:id:durasuto010:20190918092252j:plain

5分くらいあるくと川原にでます。

でっかい石、小さい石がゴロゴロ。足元に注意しながら、これらを越えて突き進みます。

f:id:durasuto010:20190918092236j:plain

 後ろを振り返ると頭上にスッカン橋が見えます。わぉーキレイ.。゚+.(´∀`○)゚+.゚。

f:id:durasuto010:20190918093859j:plain

 でもスッカン橋とは反対方向にあるきます。

 

約5分程歩くと…雄飛の滝の滝壺へ到着です。
今回もインスタグラマーさんの写真拝借

f:id:durasuto010:20190918092245j:plain

圧巻。1年越しでリベンジした甲斐がありました。ただただ感動です

来たよ!♪───O(≧∇≦)O────♪

 

写真家さんのSNS写真を拝見すると、上の写真辺りのポイントで雄飛の滝を撮影していることが多いようです。

 

でも、水しぶき見たいよね。
(*^▽^*)水しぶきスポットまで行かなくちゃ。 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

#スッカン沢 #雄飛の滝

花子(登録販売者)さん(@ocanka4)がシェアした投稿 -

早朝アタックだったから、朝7時前。
この絶景を味わえる幸せ…。大興奮です。

 

水しぶき…バンバン飛んで来ます。

 

特に秋の早朝はウィンドブレーカーを着て水しぶきポイントに行かないと風邪ひくかも…。

 

動いている時はいいですが、滝巡りでの撮影は防寒着、必要ですよ。お忘れなく。

 

【雄飛の滝 断崖絶壁】

改めて、この断崖絶壁をご覧あれ。雄飛の滝はこんなに岩に隠れた場所にあるんです。
f:id:durasuto010:20190917221521j:image
この絶壁では、いくら滝壺ハンターでも直下の滝壺ハントは絶対無理。

 

こちらは雄飛の滝の美しさと渓流の美しさが楽しめる動画で~す。どうぞ。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

花子(登録販売者)さん(@ocanka4)がシェアした投稿 -

いくら見ていても飽きない。

【雄飛の滝】
  落差:13m
  水系 :那珂川 (スッカン沢)

 

今回、任務遂行できたことに感謝して、
最後にスッカン橋とスッカン沢を見納め。
f:id:durasuto010:20190917221146j:image

「今日も素敵な景色をありがとう。」
  (●´ω`●)  合掌 


 スポンサーリンク:
全国の格安レンタカー予約ならskyticketレンタカー♪

スッカン沢の名前の由来

案内看板をそのまま掲載します。読みづらいですが、仕方ない。

f:id:durasuto010:20190918123918j:image

 スポンサーリンク:
【ゆめやど】(平日が圧倒的お得な宿泊予約サイト)

スッカン沢への服装

雄飛橋をスタートして終着地のスッカン橋まで2.3kmの行程です。

 

距離にすればそんなにはないのですが、写真撮影しながら散策すると2時間~3時間のコースらしいです。自然がそのまま残っている渓谷で、健脚向きのハイキングになります。
 

【ハイキングの注意】

服装は、トレッキング用の服装がいいでしょう。長袖、長靴。両手が使えるようにリュックサックを背負って歩きましょう。

 

持ち物は、
①飲料水
②雨具
③熊避けの鈴は必要です。

 

往復3時間近くかかります。軽食は準備した方がいいかもしれません。

 

危険個所として、落石、絶壁、通行止めの箇所があります。危険個所には立ち入らないようにしましょう。

 

尚、携帯電話は、ネットの電波が届きにくい地帯です。

歩きにすとログ

6:00 スッカン沢 駐車場
6:37 雄飛の滝『滝壺』 着
7:30 雄飛の滝『滝壺』 発
8:10 スッカン沢    駐車場

歩数 3215歩

※再訪&滝壺狙いだったため、ルート中の撮影はほぼしていません。そのため、短時間で散策してます。初回訪問であれば、散策にもっと時間がかかると思います。 

スッカン沢のツアーが人気

 最近では、東京、神奈川からの『秘境スッカン沢の渓谷散策バスツアー』が大人気コースになっているそうですよ。

 

冬期には通行止めにもなり秘境とも称される「スッカン沢」へは、それほど広くない道を運転する必要があります。運転があまり得意ではないという方にはこの行程もしんどいものです。またお車をお持ちでない方は電車やバス、タクシーを乗り継いでゆくのも大変です。

そういった方にオススメなのがバスツアーです。


以前よりも知名度が増し人気となった「スッカン沢」を含む、おしらじの滝の他の滝も見てまわることの出来るバスツアーが東京をはじめ神奈川・千葉・埼玉などを出発するコースで組まれています。

 

現地のガイドの方になかなか行くことの出来ない隠れた名所なども案内してもらうことができます。そして何よりも乗り換えや長時間などが省略できるためとても楽です。是非検討なさってみてはいかがですか。

さいごに…

はてなぶろぐ今週のお題「理想の老後」

私の人生観を変えてくれたのは、スッカン沢の美しい滝達でした。

 

去年、訪れたスッカン沢に猛烈に感動し。

そんな私が呟いた一言に、ジイちゃんが、ある言葉を掛けてくれました。

 

私:
「そのうち。
 滝とか湧水とか巡ってみたいな。」

ジイ:
「いいじゃないか。
 滝探しとか…なにか一つ、
 目的をもって旅をすると、
 楽しさが5倍にも10倍にも
 なるから…。やってみるといいべ!」

ジイ:
「会津には有名な滝もあるし、
 名前のないような滝もあるし…。
 結構、滝があるんだぞ。
 そのうちなんて言ってねーで、
 行ったらいいべ。」

 

超インドア派だった私。

たまたまスッカン沢に訪れて、滝の美しさと水の色に衝撃を受けて…。
ジイちゃんの言葉に背中を押されて、
プチ探検家の花子は誕生しました。

 

自分が探検ブログを書くなんて、1年前は想像もしてなかったなぁ。 今や滝壺ハンター、水しぶきマニアになってます。(笑)

 

今回の水系スピリチュアルブロガー花子(@a10hon51)の話はここまで。

花子の記事一覧 
店員花子の記事一覧

 

 【補足:意外に近い那須塩原】 

そうなんです。栃木もいいけど会津もいい。良かったら足を延ばして、秘境巡りはいかがですか↓↓↓↓↓↓  スポンサーリンク: