歩きにすと

歩くことがすき。水系スピリチュアル。会津近隣のパワースポット巡りと健康についてのブログです。

【滝】東山大滝。水量たっぷりの絶景滝を見に行こう。地元の会津人も知らない秘境の滝巡り。

 「会津の東山にこんな素敵ながあったなんて…。」古本屋でこの本をみつけて、衝撃を受けました。

f:id:durasuto010:20190617104646j:image

この本は旅行ガイドには載っていない福島県の滝や湧水巡りを特集した本なんですけど…。

 

今回ご紹介するのは【東山大滝】
この本で滝の存在を知り、思い焦がれて、ようやく辿り着けた滝の話です。 

 

東山の場所

『東山大滝』は名前の通り、
福島県東山にある滝です。

 

東山は悲劇白虎隊『十九士の墓』がある飯盛山から近く、会津を観光するのにとても適した場所にある温泉街です。

 

東山温泉を知らない人は、会津近郊に居住している人なら、まず、いないでしょう。

そうなんです。昭和のレトロ感がただよう温泉街。私の大好きな場所です。 

東山温泉には『新選組の土方歳三』が湯治した湯もあり、歴史好きにはたまらないスポットらしいです。

 

秘境に足を踏み入れる勇気のない方。東山の温泉街散策、すごく楽しいですよ。温泉散策路コースを2時間かけて散策しましたが、かなり楽しかったですよ。
(´∀`*)ウフフ 

 

【問い合わせ先】東山温泉観光協会
TEL:0242-27-7051

 

東山大滝 

会津の東山温泉は知っていても、東山大滝の存在を知っている会津人は、どのくらいいるのだろう。

 

冒頭に紹介した本『MONmo』で紹介されていた東山大滝の記事。

f:id:durasuto010:20190617104649j:image

もう。一目惚れでしょ。

でも、会津人のほとんどの人が、聞いたことも見たこともないくらい知られていない滝だと思います。

東山に…。会津若松市内に…。
こんなスポットがあったのか。
(;゚Д゚i|!) 

 

ドキドキするほど感動しましたので、この思い伝えます。

会津若松市 東山大滝#会津の宝探し #滝 #滝好き

物凄い。水量。
落差15メートル。幅8メートル。

 

東山ダムの上流に位置する東山大滝。
あのダムの水が…この滝を通ってダムに貯水されるのだから、半端ない水量、水圧の滝です。

 

近づくと物凄い水しぶき。一面、ミスト状態。いたるところに薄明光線が見えます。神がかった神々しい雰囲気です。

 

これだけでも胸キュンですが…。
下の動画も見てほしいです。
(≧▽≦)ステキ💛

会津若松市 東山大滝#会津の宝探し #滝 #滝好き

東山大滝の水量が凄すぎて、滝の近くの岩から長い年月をかけて水がしみ出し、こんな幻想的な光景になっています。

  

この下に生える苔が美しい。iPhone撮影では一画面に収めきれません。

f:id:durasuto010:20190620101358j:image

常に滝のミストを浴びる植物たちは生き生きと輝いて見えます。

f:id:durasuto010:20190620101402j:image

雑誌『MONmo』では、
滴る素水は、地下水?。
((φ(..。)えっ。そうなのね。

f:id:durasuto010:20190617104651j:image

東山大滝の場所

東山温泉街の一番奥『東山グランドホテル』より車で約30分ほど行った場所にあります。

 地図から見てもわかるように、猪苗代湖の裏側に近い位置にあるため『東山』というより、東山から湊へ抜ける街道の手前…と言った方がいいでしょう。

f:id:durasuto010:20190617100214j:image

東山の最後の集落をこえると道幅が極端に狭くなってます。

 

最終集落を越えると、対向車とすれ違うことはほぼありませんが…。バイクの大群に襲撃されます。

 

ここはツーリングロードとして知られている場所らしく、週末には、バイクがビュンビュン来ます。

 

すごい集団になると50台越える群衆になって現れますので、ヤバい道です。

 

先方も車が来ない道だと思って気持ちよく飛ばしてきますので、運転には十分にお気をつけて大滝を探してください。

 

運転していると、巨大な金剛力士像が突如あらわれます。不気味です。この石像から車で5分で、東山大滝に到着です。

https://www.instagram.com/p/BvxXPC6F-Oa/

金剛力士像 阿吽。会津若松市 東山。ダム湖を過ぎて山道を奥に進むと…。突然、3mほどの巨大な石像が一対、出現します。ペット用火葬場を運営されている正雲寺前にあります。息子達は、肝試し&ドリフトコースとして、夏の深夜にこの辺りを散策しているようです。#福島県会津若松市 #会津#会津若松 #東山温泉

 

f:id:durasuto010:20190617100222j:image

この道はゴールデンウィーク直前まで通行止めになりますよ。夏から秋が見ごろだと思います。

 

あの雑誌で東山大滝の存在を1月に知って、いても立ってもいられず。
1月~4月まで、毎月この通行止めまで来ました。(;'∀')…まだ、開通してないって…。
(;゚Д゚i|!)。思い焦がれてましたよ。やっと開通したよ!!


会津若松方面からくると、東山大滝の前に『小滝』があります。小滝は道路から見える場所です。

 …小滝については…後で紹介しますね。

 

ポイント『小滝』が見えたら、窓を開けてゆっくりと走行してください。若松方面からくると大滝の看板が大変見づらいところにあります。

 

走行して1~2分で、水量が多い滝の音がしてきます。音が近づいてきたら道路左側に車3台ほど駐車できる待避所があります。駐車場の看板はありません。

 

そこが『東山大滝』の駐車場です。

 

道が細く、カーブが多く、バイクが凄い勢いで来ます。駐車場を通り越してしまうとUターン&バックで駐車場に戻るのが困難です。

 

上記の通り、小滝からは窓を開けてゆっくり運転した方が得策です。

 

駐車場から東山大滝までの道

駐車場から大滝の姿は、ほぼ見えません。音だけが頼りで突き進みます。滝までの道のりは2コースあります。

 

①コース 直下

駐車場から道沿いをあるくと、大滝の看板が出てきます。

f:id:durasuto010:20190617100207j:image

足元を見て!!

堺石があるはず。

f:id:durasuto010:20190617100153j:image

よく見渡して。そのあたりから、1本のロープが出てるはず。それを使って直下します

 

コレ。コレ。このロープ。見えますか。

f:id:durasuto010:20190617100255j:image

 

 ドキドキのロープ直下をすると『東山大滝』が目の前に広がります。

f:id:durasuto010:20190602104802j:image

 

②コース やぶ漕ぎ

 駐車場の左側奥に人が歩いたような形跡を発見。私たちは今回②コースで滝まで行きました。

f:id:durasuto010:20190622100658j:image

かなりの急こう配です。しかも、降りるときに、掴めるような木々がありません。iPhone撮影ではわかりにくいのですけど。

 

f:id:durasuto010:20190622100745j:image

降りるときは、十分に気をつけくださいね。

 

すると、滝の随分、手前に出ました。ここから道はありません。

 

今回は長靴でなくスニーカーでした。長靴だと川の中を歩いて、一気に滝下までいけると思います。

 

スニーカーの場合は、左に見える木々をかきわきて、滝下まで進みます。
f:id:durasuto010:20190622100742j:image

 だいぶ近づいてきました。今回、出先から急遽、滝に来ることにしたのですが。やはり、長靴、軍手は必需品です。

 

息子は枝を触って、手のひらにトゲが刺さってしまいました。
反省…。(;´・ω・)

会津若松市 東山大滝#会津の宝探し #滝 #滝好き

 

もうすこし、近づけるはず。水しぶき地点まで到達しました。

f:id:durasuto010:20190617100202j:image

 いつも同じことを言ってますが、iPhone撮影ではこの幻想的な風景を伝えきれない。

f:id:durasuto010:20190617100226j:image

私のいる岸から反対側に鳥居とお社があったのですが…。水流が凄いのと、長靴でなかったために、行くのは断念しました。行って参拝したかったな。 f:id:durasuto010:20190617100218j:image

 帰りは①コースの直下の道。

①コースは帰りに発見したのですが、登りに使う方がイイです。下りはなかなか…山岳技術がいるかもね。

 

①直下コース『ロープ始まりの場所』の風景。ここからロープ登山が始まります。

f:id:durasuto010:20190617100211j:image

ロープ道を終えて、堺石の辺りまで辿り着きました。f:id:durasuto010:20190617100233j:image

東山大滝の滝口 

東山大滝の見どころは、滝口(水の落下開始場所)が見れることです。私たち、滝への降り口がわからず、最初に立ち寄ったのがココでした。

 

東山大滝の①直下コースの入口を左側(息子が立っている方向)に進みます。

f:id:durasuto010:20190617100236j:image

すると、開けた木陰の川辺が出てきます。小さな滝があります。

f:id:durasuto010:20190617100405j:image

足場があまりにもイイので…。駐車場について、はじめ、ココが大滝かと思いました。

 

でも、雑誌に掲載されていた大滝との形が違うため、ウロウロ。
f:id:durasuto010:20190617100359j:image

左側にこの滝があるのに…。轟音が右側から聞こえる

 

「ん?」もしや。これが滝口じゃん。そう思っていると…
f:id:durasuto010:20190617100403j:image

「お母さん。ココから滝に行けるんじゃない?」と息子が滝口に近づいていく。

会津若松市 東山大滝の滝口。危なかった。息子、もう少しで転落するところだった。#会津の宝探し #滝 #滝好き

 

あぶない!

って、私の大絶叫で、一命を取り止めました。

 

『プチ探検家』として活動し始めたのが、今年2019年からだから、滝巡りに息子を同行させたのも、今回が初めて。
彼も興味深々で…。

f:id:durasuto010:20190622111746j:image

落差15メートルの滝。
落ちたら明らかに即死でしょう。いや~。心臓止まるかと思いました。

f:id:durasuto010:20190617102906j:image

東山大滝の滝口はかなり開けて、間伐もされてます。でもココは滝口です。お気をつけて、見学してください。

東山小滝 

東山小滝は道路沿いから全貌確認できます。わかりやすいです。車一台ほどの待避所があります。

f:id:durasuto010:20190617102913j:image

この日は正午に到着。滝に木の影が映り込んでいます。
f:id:durasuto010:20190617102916j:image

滝までの道はこんな感じ。
f:id:durasuto010:20190617102901j:image

水浴び目的なら、サンダルでも、歩けないこともありません。  

Instagram post by 花子(登録販売者) • Jun 22, 2019 at 2:47am UTC

 

小さなお子様でも、そんなにあぶなくない滝です。滝を触れさせるには、いい場所かな…と、思います。

 

追記:2019.8.20

だよね。安全そうな小さめの滝でも、大雨の日は滝に近づいちゃだめだよ。
了解。(*'ω`*)ゞ

東山温泉の滝巡り

冒頭から言ってます通り…。

生まれも育ちも会津人の私にとって「会津の東山に滝がある」って存在を知っただけで、想像もしていなかった大発見なわけです。

 

なんども「冬期間通行止め」の看板を見ては(東山から30分くらいから)Uターンして戻ってくるわけです。

 

そのたびに、雪の東山温泉街を散策。落差3mほどの小さな滝や名前のない滝を探して回る日々を繰り返していました。

雨降の滝 

雨降りの滝は『東山グランドホテル』の脇、橋の下にありますよ。落差3m。

 

 

滝だと思って探すと小さいから、ちょっとショックかも。

f:id:durasuto010:20190617103153j:image

雪の温泉神社を巡ってみたり。もう…会えない滝に恋い焦がれて…東山に通う日々でした。
f:id:durasuto010:20190617103143j:image

 

猿滑の滝

東山ダムを越えて、『猿滑茶屋』が右側にあります。※今はお店やってません。

 

そこで滝の音がするので、音に向かって歩くと、猿滑の滝があります。

https://www.instagram.com/p/BvvWwjAlRX9/

猿滑りの滝…発見。落差は3m、水量は多い。銀世界に包まれていました。福島県会津若松市 東山 湯川水系#滝巡り 

 

これが『猿滑茶屋』です。
f:id:durasuto010:20190617103216j:image

伏見の滝

画像が大変悪くて申し訳ない。

f:id:durasuto010:20190821093107j:plain

『庄助の宿 瀧の湯』のエントランス兼駐車場の付近を歩くと滝の音が聞こえます。覗き込むと…それが伏見の滝です。

 

夜、係員がいない隙をみて撮影したので、画質悪いです。しかも、滝との距離が遠いのでiPhone撮影向きの滝ではありません。

 

湯川水系と無名滝

東山の奥には、知る人ぞ知る美しい川の流れがあります。
f:id:durasuto010:20190617103228j:image

名前も付けられてない滝もあります。水量は少ないですが、品があって…。私は好きです。

f:id:durasuto010:20190617103206j:image

こちらも無名滝。

https://www.instagram.com/p/BvzCQNiFIWU/

福島県会津若松市 東山 湯川水系名前のない滝…猿滑りの滝を過ぎて2キロくらい先の道路沿いに滝を発見しました。落差8メートルくらい。水量は少なめ。伏見ヶ滝か東山小滝か…と、調べたけど、経路が違う。名前がない滝なのかな。今は草や葉がないから、道路沿いからでも、滝の存在に気づくけど。水量も少ないから、夏には枯渇して、滝の姿が見れないのかもしれない。そう思うと、貴重な滝を見れる時期に来れて、うれしかった。#滝巡り #滝好き #滝好きな人と繋がりたい #滝巡り #福島県会津若松市#会津若松 #うつくしまふくしま

 

この滝の動画です。
雪景色になんとも…か細い滝です。

その他、温泉街には旅館の名前になっているように、原滝、向滝、など湯川渓流に沿って小さい滝が無数にあるようです。

東山温泉街、滝も街並みも大好きです。

 

最後に…

今年初めの…一冊の本との出会い。それが滝巡りの初まりでした。

 

東山大滝。ぜんぜん有名な滝じゃないし。
全国の滝巡りをしている人からしたら、確かに評価の低い滝かもしれません。

 

ただ会津に住む私にとって、東山ダムの水を運ぶ上流に、ダイナミックな滝がある…。

  

自分の生活圏内で、生活用水としてプールされているダムの源流にある滝。その事実を知って、 実際に見て、水しぶきを浴びて来れたことは、感動としか言いようがありません。

  

自分の目で確認できたこと。それを息子にも見せてあげれたこと。そんな滝巡りに喜びを感じる旅でした。

 

今回の水系スピリチュアルブロガー花子(@a10hon51)の話はここまで。

 

花子の記事一覧