data-full-width-responsive=”false”>

歩きにすと

歩くことがすき。水系スピリチュアル。会津近隣のパワースポット巡りと健康についてのブログです。

【滝】達沢不動滝。カメラマンにも人気の高い猪苗代の滝

 

「猪苗代に行くなら、わたしの行きたいところ1ヶ所寄ってもいい?」
猪苗代へのお出かけを旦那さんから誘われたから、こっちも提案してみました。

 

今回は猪苗代の『達沢不動滝』。

 

運動不足な人にも…。
滝や景観とかに興味がない人にも…。
美しいからもズッと見ていられるし…。
一緒に行った人にも喜んでもらえる滝…。

 

そんな『達沢不動滝』の魅力を書きます。

 達沢不動滝の場所

中ノ沢温泉から車で15分ほどで着きます。

道は狭いので…。大きいワゴンとかよりは小回りの利く車で行った方がイイでしょう。

私の場合『磐梯高原リゾートインぼなり』にカーナビを設定して達沢不動滝に行きます。

そこから先は『達沢不動滝』の標識が、たまに出てきます。

 

なかなか標識が出てこないから、ココでいいのか不安になります。でも大丈夫。不安を押し殺して突き進めば、達沢不動滝の駐車場に着きます。

写真映えする達沢不動滝 

達沢不動滝が愛される理由は、写真映えする滝だからだと思います。岩肌を滑り降りていく水の流れが美しいです。新緑も美しい。

 

幅16m。落差10m。

 

どの季節に来ても、惚れ惚れするくらい美しい滝です。

 

なんといってもiPhoneで美しく撮影できる滝なのがうれしい。iPhone撮影で滝全体を撮影出来て、しかも写真映えする滝は稀ですから。

 

iPhone8で撮影。
標準装備機能のLIVEを活用。長時間露出モードにすると下のような写真になります。(2019.5.25撮影)

f:id:durasuto010:20190525201544j:image

iPhone10で撮影。
ポートレート機能を活用した撮影が下の画像になります。この機能で、滝つぼの岩に水しぶきがあがる様まで撮影できます。色彩は無加工(息子撮影)。 

f:id:durasuto010:20190525201556j:image

インスタグラマーでなくてもそれなりにキレイに撮れます。カメラ好きなら更に美しく撮影できる、人気の滝なんです。

 

達沢不動尊

滝の前に御不動様があります。
たくさんの剣が奉納されています。御不動様の隣には大体、剣がありますが、ここはいっぱいあるんですよ。

 

まずは、参拝。今日、来れたことに感謝。

御不動様がいらっしゃるはパワースポットには『煩悩を絶ち切り、心を浄化する』。こんなご利益があると言われています。

変な煩悩が湧いてきませんように…と、願をかけました。

f:id:durasuto010:20190525202758j:image

達沢不動滝の御不動様は困った表情をされている御不動様なんです。「可愛い」というのも失礼ですが、でも、可愛らしい御不動様です。
f:id:durasuto010:20190525202802j:image

御不動様の手前には休憩所もあり多くの人が休んでいます。

f:id:durasuto010:20190525201714j:image

どの時期に来ても、いつも見学客がいます。人気なんですよね。達沢不動滝。

 

ここは駐車場から滝までの道が整備されています。ですから、普段、街に行くような格好の人が多いです。

猪苗代観光に来たついでに、滝に立ち寄るのかな。トレッキングっぽい格好の人はいませんでしたよ。

 

滝沢不動滝のトイレ 

この滝のところにある休憩所にはトイレはありません。

駐車場近くに仮設トイレがありますので、トイレは駐車場付近で済ませてきましょう。

達沢不動滝の女滝

達沢不動滝は ネットで画像検索すると多くの素敵な画像が出てきます。そのほとんどが実は『滝沢不動滝の雄滝』です。

 

滝沢不動滝は勇壮で美しい『雄滝』と柔らかな流れを持つ『雌滝』があるんです。

 

雌滝は、雄滝から90度。右側をみると雌滝があります。雌滝の標識見えますか?

f:id:durasuto010:20190525202728j:image

こちらは長靴がないと近づけません。雄滝に圧倒されて、雌滝の存在全く気付かないで帰る見物人が多いんです。私もその一人でしたけど…。今回は、キチンと撮影出来て一安心。

 

私が訪れたのがAM11時ごろ。とても日差しの強い日でした。

 

雌滝は日影が出来やすい場所にあるのよね。
朝など、もう少し日差しの弱い時間帯に撮影した方が、雌滝の全体像がわかりやすい写真が撮影できるかもしれませんね。

 

手水舎

Instagram post by 花子(登録販売者) • May 25, 2019 at 11:26am UTC

水量がものすごく…ちょろちょろ…。(;・∀・)あれ。水の出てくる筒(?)には苔がびっしりで景観としてはいいです。

手水舎は滝の手前、と、いうより駐車場からの方が近いかも。

 

達沢不動滝の駐車場

下の地図を見ると県道24号から行けそうですが…。いけませんよ。多分。いけるのかなぁ。いや。いけないと思います。

 冒頭の地図に書いたルートで来ましょう。駐車場は車が20台くらい駐車できます。

 

私が行った時、手前の駐車場に駐車されている方が3台ほどありました。

滝初見学だった旦那さんが「ここが駐車場?」と聞いたから「いやいや。もっと奥に駐車場あるから…。」とアドバイス。

 

この鳥居が一番奥の駐車場の目印。紅葉時期以外はこの鳥居を駐車場の目印にしてね。

f:id:durasuto010:20190525202855j:image

紅葉時期、テレビで放映されると、かなり混雑して駐車スペースがなくなるかも。通常の時期は、一番奥の駐車場が便利です。駐車スペースは数か所に分散しています。

 

去年10月に来た時、駐車場に蜂の巣があって、蜂がブンブン。5月の今回はいませんでしたが…。

 

蜂は黒色に向かって刺してきます。黒い服は避けた方がいいかもしれません。帽子もかぶった方が安全です。

 

蜂が活発になるのも夏。これから夏の時期は『達沢不動滝』は避暑地として人気の高いところです。事前に蜂対策できることはしておいた方がいいかもしれません。

 

駐車場から滝までの道 

駐車場から約10分。美しい緑の中を歩くと達沢不動滝になります。
f:id:durasuto010:20190525201903j:image

緑も苔も美しい。道も整備されていて、広いです。歩きやすいです。ここは、観光用の歩道と言ってもいいでしょう。

f:id:durasuto010:20190525201717j:image

道の隣にせせらぎが流れていて、これが涼しさを増してくれます。

f:id:durasuto010:20190525203031j:image

『滝沢の不動滝と原生林』は『ふくしま緑の百景』に選ばれています。本当に美しい。

f:id:durasuto010:20190525203034j:image

ほどなく達沢不動滝に到着です。 

 

Instagram post by 花子(登録販売者) • May 25, 2019 at 11:14am UTC

 

滝沢不動滝の撮影ポイント

2018.10.9撮影。私はiPhoneオンリー撮影ですが、基本ズーム機能は使いません。iPhoneの写真加工すると画質が落ちます。ズーム写真を加工すると画質の粗さがめだってしまうからズーム撮影はしません。

 

この時は、滝の真下までいくことが出来ました。なぜ滝つぼ部分を写していないのか。それは滝の水で、水遊びする林間学校の男子生徒たちがいたから。

f:id:durasuto010:20190531030733j:image

去年は水しぶきをさわることが出来ました。滝に打たれて遊ぶこともできたのですが…。2019年5月下旬に行った時は、滝壺まで行く手前に『通行止め』のテープが張られていました。

秋の達沢不動滝

 

真っ正面からの滝、美しいです。画像加工が悪くて、水量すくなめな感じですけど。

https://www.instagram.com/p/Bvh_lX1lpiR/

猪苗代町 達沢不動滝#滝巡り #滝好き #滝好きな人と繋がりたい #滝巡り #渓谷 #渓谷美 #猪苗代#達沢不動滝

達沢不動滝を撮影される方は、長靴を持ってきて、川の中から撮影されています。そうすると自分の納得のいくアングルから撮れるので、長靴はおすすめアイテムです。私も車にはいつも長靴いれてあるのに、滝にもっていかなかった。残念。

 

今回は見物客のほとんどが熊鈴をつけていません。カメラ愛好家の方だけが熊鈴をつけていました。人気のない早朝などに写真撮影をされたい方は、熊鈴必須だと思います。


f:id:durasuto010:20190531030721j:image

これも通行止めより先の箇所になりますが、滝の右側の傾斜を登って撮影すると、このようなアングルになります。

f:id:durasuto010:20190531030718j:image

最後に

余談ですが…。


私の旦那さんは自然とか景観とか全く興味がない人です。今回子どもたちも大きくなったので久しぶりのデートに、旦那さん初滝見学。けっこう喜んでくれたみたい。(≧▽≦)。


子巣立ちした大人夫婦のお出かけ場所に…。いいスポットかもしれません。

 

この滝は…。平坦な原生林の中を10分歩けば、素敵な景観を堪能できる滝。自然散策とか、あんまり興味のない人にも、無理強いしなくて行ける場所にあります。

 

ぜひ、生でこの景観を見てマイナスイオンをたっぷり浴びてほしいです。

 

今回の水系スピリチュアルブロガー花子(@a10hon51)の話はここまで。

 

花子の記事一覧