data-full-width-responsive=”false”>

歩きにすと

歩くことがすき。水系スピリチュアル。会津近隣のパワースポット巡りと健康についてのブログです。

【観光】お花見情報。会津・喜多方編。両親が喜ぶ桜の名所3選。

「うわぁぁぁぁぁぁぁ。キレイ…。」

どうして桜の時期になると、顔がこんなにニコニコ顔になってしまうのでしょうか。

 

今、桜の見ごろを迎えていて、ワクワク。私は福島県会津に住んでいますので、今日は、まだ間に合う桜情報のお話をしてみますね。

 

両親を花見に連れて行きたい

桜の咲く季節に、わたしの母は亡くなってしまっているので…。「母にこの景色を見せたかったな。」と思う名所には、義母さんを連れて出かけることにしています。

 

75歳になる義母さんは、農業を一生懸命した方。なので、腰が曲がって、足も不自由です。

そのため、杖もしくはシルバーカーが必需品。

 

両親をお花見に連れて行きたいけど、
「長く歩くのはちょっと…。」そんな人、私以外にもいらっしゃるのではないかしら。

 

 

両親が喜ぶ桜の名所

 

 

そこで今回は、両親が喜ぶ桜の名所3選【会津・喜多方編】をご紹介します。

 

①喜多方・日中線記念しだれ桜

 

ここは美しい。

 

お花が好きな人なら、絶対に行きたくなる場所です。

 

全長3キロにわたるシダレザクラのトンネルに、毎年ことながら感動してしまいます。

 

【おすすめポイント】

①舗装されている
遊歩道・自転車道路なので安心して歩けます。地面が舗装してあるのも、歩きやすいポイント。

 

②ベンチがたくさんある
やはり、座れる場所が多くあるのは、両親世代にとっては嬉しい配慮です。

f:id:durasuto010:20190425085500j:image

③トイレの心配がない
仮設トイレが多く設置されているのはもちろん、市街地に面して、桜の回廊があり、コンビニ、ホームセンターなどに立ち寄ることも可能です。

 

④ゆっくりと見れる
全長3キロもある日中線記念しだれ桜。

 

人気のスポットもある反面、見物客がすいている地点もあります。

 

すいている穴場スポットが発見できれば、足の悪い義母さんでも、他の見物客の歩くペースを気にせず、ゆっくりとしたペースで桜を楽しむことが出来ます。

 

両親と花見をたのしむなら、絶対、ここ。『日中線記念しだれ桜』は、なんども言いますが、美しいです。ご両親にも、必ず、喜んでいただけますよ。

f:id:durasuto010:20190425085515j:image

 

会津美里・伊佐須美神社

ここは、正確に言うと「伊佐須美神社」というより…。

 

伊佐須美様の脇を流れる『宮川千本桜』を見ていただきたいです。ソメイヨシノが500本も並ぶ景色は、うっとりします。

 

【おすすめポイント】

①道が全舗装。歩きやすい。

f:id:durasuto010:20190425085637j:image

②川沿いため、一面の桜を移動しなくても一望できる。

歩かななくても花見が出きます。

 

伊佐須美神社に参拝もできる&近くに河川公園があるから、座ってゆっくり花見ができる。

f:id:durasuto010:20190425085723j:image

天気が良ければ、磐梯山も見えるし、角度によっては、真っ白な飯豊連峰を桜のバックに臨むことができて、絶景です。

 

こんな、理由です。

 

実際、伊佐須美神社の花見に行ってきました。やはり、年配の仲良し親子、たくさん見物に来ていましたよ。微笑ましいです。 

 

f:id:durasuto010:20190424120323j:image

【プラス情報】

 伊佐須美様は、強力パワースポットとしても有名です。パワースポット好きなら、会津に来たら、絶対はずせない場所なんです。会津命名の由来になっている神社でもあります。ぜひ、ご参拝してみて、欲しいです。

 

また、伊佐須美神社には会津5桜のひとつ、淡墨桜があります。

 

両親が喜ぶ花見スポットで、尚且つ、自分にもパワーを頂ける伊佐須美神社。ぜひ、足を運んでみては、いかがですか。

 

③河川敷の公園

①御殿場公園(塩川)

鶴沼公園(会津坂下

せせらぎ公園会津美里)

 

これらは、お弁当をもってお花の下で、食事を楽しむスポットとしておススメです。

 

実際、70歳代らしき数名の花見客が、シートにお弁当を広げて楽しんでいるようでした。

 

駐車場も広く、自分の好きな桜スポットを選んで食事を楽しめます。のんびりとおしゃべりしながらのお花見に最高の場所です。

 

これらの公園は、磐梯山がキレイに見えます…。

f:id:durasuto010:20190424120107j:image

目の前に磐梯山

頭上にソメイヨシノ

そんな贅沢タッグが体験できる名所が、これらの河川公園です。

 

両親が敬遠する桜の名所

会津の定番の桜の名所と言えば鶴ヶ城です。

 

NHK大河ドラマで『八重の桜』が放映されたことで、鶴ヶ城の桜は、全国にも名が知れた  桜の名所となりました。

 

会津の観光パンフレットにも、鶴ヶ城の桜の写真はTOP写真として使われています。

f:id:durasuto010:20190425085337j:image

 

でも、義母さんは、全国にも名の知れた桜の名所『鶴ヶ城』の桜を、見に行きたがらないのです。

 

 

桜が美しい鶴ヶ城なのですけれど…。足が不自由な方にはあまり、好まれません。

 

その理由を挙げてみますね。

 

①駐車場が遠く、名所までかなり歩く

 

②足元がアスファルトでない。砂利道は最悪。鶴ヶ城の場合は、土、部分的に砂利があり、杖を突く人には、歩きにくい名所です

 

トイレまで遠い。城内ですから、景観の問題もあり、仮設トイレが設置できません。城内入り口にあるトイレは広いのですが、他はおほりの外まで行かないとトイレがありません。

 

トイレからトイレの距離は、2キロくらいないのですが、足場が悪い道での2キロは、足が不自由な方にとっては遠い道のりなのです。

  

【ワンポイントアドバイス

 

両親をお花見に連れて行くときは、『トリップアドバイザー』などのアプリで、細かい気がかりな部分を確認しておいた方がいいと思います。

 

桜の見ごろを楽しめる時期

福島県は横に広い県なので、太平洋側のいわき地方から徐々に桜の便りが聞こえてきます。

 

今年は、
3/28開花 
→太平洋側…富岡町の夜ノ森桜

 

4/13開花
会津地方…鶴ヶ城の桜

2019/4/23現在、散りはじめです。

 

4/16開花
→喜多方…日中線枝垂桜

 

4/22開花
→猪苗代…観音寺川の桜

 

開花がまだ
裏磐梯…峠桜
見ごろ予想はゴールデンウイーク後半

 

このように福島県は、見ごろの桜を追いかけていくと1か月以上も、開花期間があるため、長~~~く、桜を楽しめるんですよ。


(*^▽^*) 
桜好きにとっては、超絶嬉しい。

 

さいごに…。

 桜だよりが届くと、

「自分もどこかに出かけなきゃ。義母さんを桜のキレイなところに連れて行ってあげたい。」

 

こんなふうに桜のワクワクとは裏腹に、焦りも感じちゃうのが、この季節。

 

「桜の期間は、短いから…。なかなか名所に行けない。」って父にボヤいたら、旅行の達人の父が一言。

 

「誰だって、いっぺんに名所は回れないよ。数年かけて、コツコツまわるから楽しいんだよ。来年は、あそこ…ってかんじにね。」

 

なんかこの言葉に救われた気持ちになりました。桜の名所は逃げて行かないから、また、来年の楽しみが増えるんですね。